自由が丘校ブログ

【TESTEA自由が丘校】横罫か方眼罫か

TESTEA自由が丘校(兼 みなとみらい校)教室長の中島です。
今日は6月4日ということで、虫について語ろうと思ったのですが、つい先日「蝉」のお話しをしたばかりでしたので、今日はやめておきますね。

 

さて、本日のタイトルは、小学生が使うノートは何がいいのかいうものです。

 

小学生がノートに問題を解くときに、きちんと整えて書いているかどうか、私としては気になるところです。
これは生徒によって、気にする・気にしないは実に様々です。性格によるものと言えばそれまでですが、少なくとも整えて書くことをしていない生徒には、「整えて書くと、良いことがある」としっかりと伝えなければなりません。

 

算数や理科では計算をすることが当然ありますが、そのときに「きちんとグリッドに沿って書きなさい」と指示することがあります。
特に、筆算は縦方向に(位ごとに)しっかりと揃えて書かないと、答えが合わなくなることが増えます。

 

横罫のノートは、最も一般的に使用されていると思われます。どの教科でも使える汎用性の高いものです。
しかし、小学生の算数と理科に関しては、方眼罫の方が使いやすいと思います。
これは、先程の筆算においてもそうですし、図形や線分図なども書きやすいですね。

 

しかし、方眼罫の使用に関して、テストや入試のときは余白に問題を解くので、方眼罫に慣れていると、いざテスト本番ではうまく書けなくなるのではないかと心配される方がおられます。
それに対して、私は「最初は方眼罫を使用することで、きちんとしたバランス感覚を養えば、無地の余白に対しても、脳内に染みついた「方眼罫のレイヤー」が余白に重なり、しっかりと書くことができると考えます。

 

横罫ばかり使用しているお子さんで、整えて書くことに苦労していたら、ぜひ方眼罫を試してみてください。

 

 

お気軽にお問い合わせください!

ボタンをタップすると発信できます

【 営業時間:月~土 14:00~22:00 】