開成番長メソッド

テスティー塾長の繁田(通称:開成番長)は自身の受験生時代に、「SAPIXで3年連続1位」「開成で学年トップ」「ラスト3ヵ月で東大に逆転合格」等の実績を残してきました。
また、指導者の立場としては、15年間で3000人以上の生徒を見てきた経験があります。

成績の伸びる生徒と伸びない生徒の勉強法には、ちょっとした部分に大きな違いがあります。そこに注目し、繁田が自身の勉強法をもとに作り上げたのが開成番長メソッドです。

テスティーでは、この開成番長メソッドを基本方針としながら、各生徒に向けて最適な形にカスタマイズした指導をおこなっています。

ステイライン

やってもやっても力がつかないという場合、その原因の多くはこの「ステイライン」にあります。

よく、「復習が大事」と言われます。しかし学んだ知識、つまり復習する「ネタ」を、「しっかりと」頭に入れないことには、復習は効果を発揮しません。言いかえると、知識としてきちんと定着させるためには、学ぶ際にまずはある「一定ライン」以上の理解度にもっていく必要があるのです。この理解度ラインのことを、開成番長メソッドでは「ステイライン」と呼びます。

このステイラインの概念は、勉強において非常に重要であるものの、感覚的な話であるがゆえにあまり強調して語られません。しかしひとたびこの意識が生徒の中に刷り込まれると、勉強の時間対効果(かけた時間に対する成果)は飛躍的に向上します。

塾長の繁田は、過去にSAPIXの講師として指導をしていた時代に、きちんとわかっていない生徒がいることに気づきながら(集団授業であるがゆえに)そのまま進めなくてはいけないことにもどかしさを感じていました。

こうした生徒は、そのように「わからない」状態、もしくは「中途半端な理解」の状態で放置してしまうことが、後々自分の首を絞めることに気づいていないのです。むしろ「中途半端な理解」であるということに、本人が気づけていないというケースも多々あります(いわゆる、わかったつもりになっている状態です)。

これが原因で、何度復習しても定着しないという悪循環に入っている生徒は、実は非常に多いのです。そこで、テスティーでは授業中に問いかけを多用することで、本人がきちんとステイラインを意識し、正しい感覚をつかめるように指導しています。どの程度の「わかった感」ならばその後につながる「わかった感」なのかということは、あくまで生徒の中での感覚ですから生徒自身に気づいてもらうしかないのですが、1対1でたくさんの「掛け合い」ができる指導スタイルを採ることで、テスティーでは生徒に正しいステイラインの意識を持たせることを実現しています。

本当に大事な話なので繰り返しますが、このステイラインの感覚を正しく身につけることで、成績の悩みは大幅に改善します。「実践」や「復習」の前にまずはステイラインを意識した正しい「理解」。これが成績向上のカギであり、開成番長メソッドの「核」となっています。

シメバツチェック法

ステイラインをきちんと意識して学ぶことができたら、次は実践です。

成績を伸ばすためには、間違えた問題を疎かにしないことが肝心です。今までできなかった問題ができるようになれば成績は伸びます。

そのために大切なのが ①わかる というステップ、そして ②解ける というステップです。①についてはステイラインを意識して取り組むことが非常に大切です。その上で②なのですが、説明を聞いてわかった、もしくは解説を読んでわかったとしても、実際に「解ける」とは限りません。

そこで、解けるかどうかを確認するために、実践をする必要があります。その実践をやり易くするための方法がシメバツチェック法です。具体的には、間違えた問題はノートではなく問題集(テキスト)の方に「/」をつけておきます。

そして後の復習時に、正解できれば逆向きの「/」を入れて〆(シメ)の形にし、不正解ならもう1本「/」を入れて「//」の形にします。こうすることで、自力でできていない問題が一目瞭然となり、さらに「/」が複数重なっている問題は弱点であることもわかります。

このような小さなひと工夫で、間違えた問題を「大切に」することが、成績アップには欠かせません。

メモリーサイクル法

「間違い直し」と「復習」は違います。間違い直しは丸つけの直後にやるもので、これは知識を正しく入れ直す(インプット)作業です。その知識がきちんと身についたかの確認、もしくは長期にわたり頭の中に残るよう育てていく作業が復習です。復習するからこそ、知識は定着するのです。

ではこの復習、毎日やればよいのでしょうか?また宿題は、出された当日にやるのがよいのでしょうか。はたまた1週間かけて少しずつ進めるのがよいのでしょうか?

実はどれもベストな方法ではありません。「エビングハウスの忘却曲線」という脳科学的な根拠に基づき、復習効果を最大にするタイミングにあわせた復習、これがメモリーサイクル法です。個人差はありますが、およそ最適なタイミングというのは決まっています。そのタイミングに合わせるために、あえて復習を「間引く(やらない)」日を作るのも、メモリーサイクルに基づいた復習ノウハウですので、メモリーサイクル法は復習回数を減らし、最大の効果を発揮するための方法とも言えます。

復習タイミングを見直すことで、知識の定着度合いが変わることは非常によくあります。テスティーでは生徒それぞれのスケジュールに合わせて、効果的なタイミングを提案します。

開成番長推理講座

【小学生対象】思考力と試行力を磨け!

小学4年生、5年生、6年生対象。論理的思考力を徹底的に鍛える講座のご紹介です。

いわゆる「受験算数」とはまた違った切り口から思考力を鍛えます。

もちろん「推理算」というジャンルで出題されるので受験にも役立ちますが、もっと総合的に考える力を養う講座です。

推理あり、論理パズルあり、図形パズルあり、生徒同士での対戦ゲームあり…

思考力を鍛え、論理力を養い、
試行錯誤する中で粘り強さも鍛え、
(もちろん効率的に試行錯誤する方法も教え、)
知的好奇心を200%満足させる講座にしますのでご期待ください!

個別指導的な性質を維持する関係上、本講座は各校舎8名限定の講座とさせていただきます。

対象
新小学4年生、5年生、6年生
受講人数
8名
講師
繁田和貴
受講料
9,800円(2日間の料金です)
お申し込み方法
各教室までお電話いただくか、info@testea.netまでメールにてお願いします。
開催日程
公式サイトの「お知らせ」にてご案内致します。 8名限定の講座です。席数には限りがありますので、お申し込みはお早めにお願いします。

この講座の受講者からは、開成、駒東、慶應中等部(女子)をはじめ、最難関校に多数の合格者が出ています。

算数や数学という学問に限らず、筋道だてて考える思考プロセスは、普段自らの行動を決定する際にも非常に大切なものです。

開成番長推理講座で、ぜひこの機会に思考力のベースを磨き上げてください。

開成番長記憶講座

勉強は、限られた時間の中でいかに多くを吸収できるかが非常に大切です。

定期試験の勉強も、受験勉強も、なるべく効率よくできるに越したことはありません。

無駄な勉強時間を減らして、趣味や部活のための有意義な時間を、少しでも多く確保したいですよね。

毎週の課題に追われ続けることなく、弱点強化のための時間を、少しでも多く確保したいですよね。

そこでこの記憶講座では、すべての勉強の土台となる「記憶のエンジン」を鍛えます。

(最終課題:ヨーロッパ地図演習の様子です。1時間でヨーロッパの地図を丸暗記できる方法論が身につきます)

開成番長記憶講座は、こんなお悩みをお持ちの方におススメです。

  • 習ったことを定期試験までに忘れる。
  • 復習しても復習しても身につかない。
  • 数字が覚えられない。
  • 単語が覚えられない。
  • 抽象的な言葉に弱い。

講座概要

開成番長ことTESTEA塾長繁田の記憶メソッド、

  • 「ステイライン」
  • 「メモリーサイクル法」
  • 「シメバツチェック法」

について、実戦形式で体得してもらいます。

知識の定着には「復習」が欠かせないと一般的には言われます。
しかし、単純な復習だけでは知識はなかなか身につきません。

  1. ①覚える際の知識の入れ方=インプット方法=スクリーン法&ステイライン
  2. ②効果的な復習方法=メンテナンス方法=メモリーサイクル法&シメバツチェック法

ゲーム感覚の演習でまずは知識の入れ方(インプット力)を徹底的に強化し、その後に知識のメンテナンス(復習)の極意を教えこみます。

個別指導的な性質を維持する関係上、本講座は8名限定の講座とさせていただきます。

記憶講座 受講者の声

  • 今回の講座では、イメージ力を活用して記憶の手がかりをふやせば、短時間で大量に詰め込むことが実際にできるということを学ばせていただきました。また、繁田先生のアイディアは聞いてるだけで面白く頭に強く残りました。受講して本当に良かったです。(高2男子)
  • 私は今までテスト直前にいわゆる「短期記憶」をするだけで、それを「長期記憶」につなげる方法は知りませんでした。しかし、この講座でそれについて学び、様々な実践演習を通して身に付けることができました。(高1女子)
  • 日が経つにつれて、徐々におぼえていることがあまり抜けなくなったことに気づき驚きました。多分今でも都道府県と名産品は全部言えるし、ヨーロッパの場所と名前も言えると思います。(高1男子)
  • 普通にはない授業で新鮮でした。暗記はどの教科にも必須なので、とてもためになりました。思っていたより自分は暗記が苦手だったかも?(笑) メモリーサイクルの話はとっても参考になりました。(高3女子)
  • 僕は、理科や社会の暗記が苦手でこの講座を受講しましたが、2日目で暗記のコツがつかめ、3日目になれば関連の無い単語20個をあっという間に覚える事が出来ました。最終日には暗記だけでなく、効率の良い復習方法も教わり、効果を発揮出来る日が楽しみです。(中2男子)
  • 初日から、帰りの電車の中で、「単語を20個暗記したから聞いて。」と嬉しそうに話してくれました。何より、楽しくゲーム感覚で記憶するコツを掴めたのが、最大の効果だったと思います。受験だけでなく、普段の生活にも役に立つ講座だと思います。ありがとうございました。(小6女子 母)
  • とても楽しく参加できました。繁田先生の授業は面白いと言ってすっかり虜になっていました。新生活に向けてよい刺激になったようで、ぜひこれからの学習に活かしていって欲しいなと思いました。(小6男子 母)
  • 中1の息子と小5の娘が、記憶講座を受講しました。正直なところ、まだちょっと難しいかな?と思っていたのですが、授業はとても面白く、楽しかったそうです。いい刺激を受けて、勉強にやる気を出してくれています。上手に導いてくださった繁田先生に感謝しております。(中1男子 小5女子 母)

対象
暗記が苦手だと思っている小学生・中学生・高校生
受講人数
8名
講師
繁田和貴
受講料
9,800円(3日間の料金です)
お申し込み方法
各教室までお電話いただくか、info@testea.netまでメールにてお願いします。
開催日程
公式サイトの「お知らせ」にてご案内致します。 8名限定の講座です。席数には限りがありますので、お申し込みはお早めにお願いします。

得点力アップのコツを身につけるために。

「開成番長記憶講座」で、ぜひ記憶のエンジンを積みかえてください。

無料面談・体験授業 実施中!

勉強法が安定し授業を心待ちに!合格への扉はここから!
現状や勉強についての悩み、今の塾・予備校に対する不安、個別説明を希望される日時などお気軽にご相談ください。

無料面談・体験授業・お問い合わせ

PAGETOP