テスティー
メソッド

「ステイライン」とは?

ステイラインとは、「知識を身につけるのに必要な理解度のライ ン」を指します。成績が伸び悩む生徒に共通すること、それは「わかった」の基準が甘いということです。 これを矯正する唯一の方法は、生徒への「適切な問いかけ」です。テスティーでは塾長が考案した「ステイライン」という概念のもと、問いかけ重視の指導で、生徒に正しい「わかった」の基準を身につけてもらいます。

「ステイライン」を超えている子とそうでない子では、
こんなにもがついてしまうんです!

「ステイライン」を超えると、
成績が飛躍的にあがります。

理解が深まり「ステイライン」を超えると、勉強の効率が飛躍的にあがります。新しい内容もどんどん習得していけるようになり、逆に「ステイライン」を超えていないと何度復習しても頭に入らない、成績が上がらないといった状態になってしまいます。生徒を「ステイライン」へ導くことが、成績向上のカギと考えています。

つまり「ステイライン」超えた状態というのは...

効率 UP!
復習が最大限に効果を発揮する状態

学習内容を理解し自分の中でしっかり消化した状態なので、復習することによって理解がより深まり、勉強の効率が飛躍的にアップします。

成績 UP!
理解した内容を忘れずに新しい内容を学習できる状態

基礎が頭にしっかりと入っているので、新しい内容をしっかり理解しながら学習できます。難しい問題や応答問題にも対応できるようになります。

「ステイライン」を超えれば
すべて解決!
保護者の方から寄せられるお悩み

うちの子、本当に理解しているのかしら?

実に8割以上の保護者の方から、このような声がよせられます。お子さんが宿題をしている姿を見ていて、思わず不安になってしまう保護者の方は少なくありません。「授業についていけてるのかな?」「宿題やってはいるけど、理解出来てるのかな?」というお悩みが本当に多いんです。

理解しているはずなのに成績が伸びない...

授業を聞いてなんとなく理解して、とりあえず宿題を解いて・・・しかし、少し時間が経つと、あれ??ってこと多くないですか?成績が伸び悩む多くの人が、この「分かったつもり」の状態を続けてしまっています。この状態がすごく危険で、やってもやっても成績が上がらない原因になってしまっています。

テスティーでは、1対1ならではの「問いかけ」重視の指導スタイルをとることで、生徒の「なんとなく」を排除し、正しい理解度「ステイライン」に導きます。その結果、定着率が飛躍的に高まり、成績がぐんぐん伸びるのです。