テスティーとは

テスティーの教育理念

「社会に出てから通用する、真に役立つ力を身につけてほしい」
テスティーでは、受験勉強というひとつの試練をクリアする過程において、「受験勉強だけで終わらない、一生モノの人間力」を身につけてもらうことを目標としており、それを実現するための教育理念として、以下を掲げています。

  • 目的意識を持ち、目標に向かって頑張る力を育てる
  • 正しい勉強法で効率的に学び、充実した人生を過ごす力を育てる
  • 「聴く力」「表現する力」を備えた、円滑なコミュニケーション能力を育てる

塾長挨拶

「社会に出てから通用する、真に役立つ力を身につけてほしい」
そんな想いから、個別指導塾テスティーは作られました。

私は大学に入った瞬間、まっとうな大学生活からドロップアウトした経験があります。 大学にロクに行かず遊び呆ける生活の中で、NEETと言われるような若い世代の人も沢山見てきました。私に関して言えば、自分自身に問題があったのは重々承知しています。 しかしそもそも現在の日本の教育システムでは、生徒の主体性が育ちづらいというのも事実です。生徒が自らの将来像を描き、その実現に向かって目標を設定し、努力する。 人生という大きな視点で考えそういった行動を促す環境が、今の日本の小・中・高には整備されていません。 目標は「中学・高校・大学に受かること」、そこで止まってしまう人が非常に多いと感じます。さらに皮肉なことに、その「中学・高校・大学に受かるための」ニッポン受験競争の中で培われる能力は、点数至上主義の偏った勉強力です。テストで点数を取れることが大切なのは当然です。 その上で、「正解」の枠に縛られないオリジナルな考えを紡ぎ出す発想力を身につけることも、間違いなく大切です。そしてそういった能力は、「意見の発表」→「それに対するプラスの評価」→「その上でアドバイス」→「深掘りして再思考」といったプロセスの繰り返しによって培われます。しかし「恥」の文化が育ってしまっているこの日本で、大人数の中で自分のオリジナルな考えを発表できるでしょうか。また、インターネット・携帯電話の普及によって、今の子どもたちはバーチャルの世界に閉じこもりやすい環境にあります。 その結果、人間である以上絶対に欠かせない、コミュニケーション能力が欠落している子どもが増えています。では学校の中で、そういったコミュニケーション力不足の生徒に対して、どのような対応がされているでしょうか。

テスティーでは、一人一人の生徒が抱える一つ一つの問題に対して、個別にアプローチしていきます。 個別指導だからこそできる、オーダーメイドのアプローチ。勉強ができるようになることは当然。テスティーはその上を目指します。テスティーで学んだ皆さんが揺るぎない「人間力」を身につけ、将来社会で大活躍してくれることを、切に願っています。

TESTEA塾長

1979 年東京都江東区生まれ。
開成中・高を経て、東京大学経済学部を卒業。
小学生時代は有名進学塾 SAPIX で3年連続1位の成績を残し、 「10年に1人の逸材」として注目されるものの、その後は多くの失敗を重ねた学生時代を過ごす。
その結果、「目的意識のない勉強は続かない」ということを学ぶ。紆余曲折した経験を活かすべく、2006年に個別指導塾TESTEA を開校。小中高の各年代で実践した勉強法を分析し、独自の学習メソッドを開発。「受験勉強だけで終わらない一生モノの人間力を」という想いのもと、生徒のやる気を高め、勉強のやり方を次々と改善し、多くの生徒や保護者から厚い信頼を得る。現在 は執筆、講演、テレビや雑誌など多くのメディアにも出演し、一人でも多くの生徒・保護者の支えになるべく、鋭意活動中である。

テスティーの特徴

一人ひとりの状況に合わせたオーダーメイドの完全1対1

テスティーでは、生徒1人に対して先生1人がつく「完全1対1の個別指導スタイル」を採用しています。じっくり向き合い対話を重ねる中で、生徒のよさを見つけて小さなことから褒め、認めていき、その一方でそれぞれが抱える学習上の問題点に個別にアプローチする。講義形式の授業でありながら、一方通行ではない、問いかけ重視の双方向型授業。これが生徒のやる気を引き出し、同時に勉強法を改善していくための秘訣です。

「個別指導」「少数指導」「集団指導」比較表

個別指導 (1 対 1) 少数指導 (1対2~4) 集団指導 (1対多数)
細やかな理解度チェック 可能 難しい 不可能
生徒の理解度に合わせたカリキュラム 可能 可能 不可能
授業中の質問に対するフォロー 可能 可能 難しい
1 コマの授業料 高い 安い
1 人あたりの実質授業時間(授業料÷実質授業時間= 1 分あたりの授業料) 1 コマ分すべて 1 コマの
2分の1~4分の1
(教える内容は全員共通)1 コマ分すべて
実質的な時間単価 やや高 高い 安い
欠席したときの振替授業 可能 可能 不可能

徹底した研修・選抜された
講師陣による充実の指導

テスティーの講師は東大生を中心とした有名大学の学 生が多く「学生で本当に大丈夫?」という親御さんの心配を払拭するために、「研修部門」を設けて講師の質を維持しています。採用率3割程度の厳しい講師採用試験。 一定の指導技術を身につけるまで終了できない独自の研修システム。ベテラン講師による授業へのフィードバック、教科別の指導技術を磨く「教科研修」なども実施。厳しい採用基準と豊富な研修こそが、テスティーが安定して高い指導力を保ち続けられる理由です。

講師に課しているミッション

  • 生徒の人生に大きな影響を与える仕事であるということを自覚する。
  • 成績を伸ばすためにできることを常に考え続ける。
  • 生徒の気持ちに寄り添い、 共に歩むという気持ちを持ち続ける。
  • 明るく、笑顔で!
  • 塾という組織の強みを最大限発揮するため、報告・連絡・相談を徹底する。