自由が丘校ブログ

【TESTEA自由が丘校】〇〇じゃない(マイナーな)方に注目!

TESTEA自由が丘校(兼 みなとみらい校)教室長の中島です。
コロナの影響で、某模擬試験の某試験会場が使用不可となり、急遽「塾内実施」となりました。
来年の冬の入試本番では、感染状況とワクチン接種状況が果たしてどうなっているか、改めて考えさせられる出来事でした。

 

さて、本日のタイトルは、コンビ芸人の話ではなく、少ない方に注目する方が良いというものです。

 

「4人の中から3人当番を選ぶのは何通りか」
→仮にその4人をA・B・C・Dとして樹形図で3人の選び方を書いてもいいのですが、「当番じゃない方」を数えると楽ですよね。(いわゆる余事象ですね)
 4通り

 

「次の昆虫を完全変態するものと、不完全変態するものに分けなさい」
→まず、種類が少ない「不完全変態(完全変態じゃない方)」を覚えたほうが良さそうですね。
 カマキリ・トンボ・バッタ・セミ・ゴキブリ・コオロギ

 

「春・夏・冬の大三角を構成する合計9つの星の中で1等星をすべて選びなさい」
→実は「1等星じゃない方」があるんですよね。デネボラ(しし座)だけ2等星ですね。(ちなみに、同じしし座の1等星であるレグルスと間違える場合がよくあるので注意です
 アルクトゥルス(うしかい座)
 スピカ(おとめ座)
 アルタイル(わし座)
 デネブ(はくちょう座)
 ベガ(こと座)
 シリウス(おおいぬ座)
 プロキオン(こいぬ座)
 ベテルギウス(オリオン座)

 

「羽が4枚ない昆虫は何ですか」
ハエ・アブ・カは羽が2枚しかありません。(2枚が退化してしまいました。なんか人間からは嫌われることが多い昆虫ですね)
 働きアリはご承知のとおり羽がありません。(ちなみに、働きアリはメスです。羽を持っているアリは羽アリと呼ばれ、こちらはオスとメスの両方がいます)

 

「次の水溶液を酸性・中性・アルカリ性に分類しなさい」
→「酸性でもなく、アルカリ性でもない水溶液」、すなわち「中性」をまず覚えましょう。
 食塩水・砂糖水・アルコール水溶液(どれも台所で簡単に作れますね)

 

「次の植物を、単子葉類と双子葉類に分類しなさい」
→これは単子葉類を覚えてしまうのが得策ですね。
 イネ科(イネ・ムギ・トウモロコシ・ススキ・エノコログサ・ササ・タケなど)をきちんと覚えて、ユリ・アヤメ・ツユクサあたりも押さえておきましょう。

 

というわけで、「とにかく全部覚えなきゃ!」と焦っているお子さんには、このようなメリハリをつけた覚え方をおすすめします。

お気軽にお問い合わせください!

ボタンをタップすると発信できます

【 営業時間:月~土 14:00~22:00 】