久我山校ブログ

個別指導塾における社会科の授業とは

●個別指導塾における社会科の授業とは

こんにちは、個別指導塾テスティー久我山校の宮下です。

突然ですが私はテスティーに就職する前は別の個別指導塾で講師をしていました。

そこでは主に中学受験の算数と社会を教えていました。

理系と文系どっちだよ!?っていうツッコミは厳禁です。(笑)

今回は社会について触れていきます。

皆さんは社会をどのような科目だと思っていますか?

社会は暗記、社会は難しくてよくわからない、と思う方が多いでしょう。

しかし、私は、社会は暗記だけではないと思います。

そしてそこまで難しくないとも思っています。

では、なぜ「暗記」「難しい」と思ってしまうのか。

それは、言葉の意味を知らないからなんです。

受験生が特に苦しむのが公民です

集団塾では細かい説明をあまりしないため、訳がわからなくなってしまうことが多いのです。

しかし、個別指導塾は違います。

ひとつひとつを丁寧に説明し、しっかり理解した上で帰ってもらいます。

さらに受験生が苦しむのが、暗記をがんばっているのに点数が安定しない、ということです。

ここで重要なのが「選択肢問題」です。

選択肢問題は正解したら放っておいてしまいますよね。

でも、本当にわかったうえで正解しているのでしょうか?

おそらく正解しちゃった…ということも多いと思います。

私は、正解した場合でも「なぜそうなったのか」を必ず聞くようにしています。

そうすることで完璧な理解を目指していきます。

これが個別指導塾で社会科を受講する最大の利点です。

そう、試験の合否を左右するのは実は選択肢問題なのです!

ここは集団塾ではなかなか触れられないところです。

個別ならではの社会の授業、試してみる価値は十分ですよ!

個別指導塾TESTEA久我山校
☎ 03-3335-2774
東京都杉並区久我山3-24-18 ティアイビル2F
勉強のご相談、体験授業のお申込み、随時受け付けております。
まずはお電話ください。
(受付時間:平日13時30分~22時 土曜日9時~22時)