久我山校ブログ

東大の魅力!

こんにちは。講師の平田です。

3月に大学を卒業し、4月から大学院生となった私ですが、4年間通った(そしてあと2年通う)東京大学の魅力についてお話します!

一般的によく聞く魅力(進振り、研究環境などなど)は語り尽くされているので、私の個人的な経験や意見に絞って三つお話したいと思います。

 

 

①受験科目が多い

これが魅力?と思う人もいるかも知れませんが、私が東大を受けようと思った一つの理由に受験科目が多い、ということがありました。

なぜって得意科目がなかったから!

取り立てて得意不得意のない私は、科目の比重が大きく異なるあるいは科目が少ない学校は受験勉強の時点で嫌になってしまったと思います。

沢山の科目があったおかげで、受験勉強中も互いが気分転換になって飽きずに勉強できました。

得意科目がないなあという人、東大おすすめですよ!

 

②変な人が多い

変な人、多いです!

いや、時々テレビに出てくる「変な東大生」のことではありません。

ああいった人たちはそんなにいません(笑)

一見すると普通の人でも、会話の節々に各々の興味感心がにじみ出てしまうような、好奇心に満ちた変な人が多いのです。

学問への愛がアツいです!

学問以外でも凝り性が多い。

入学したばかりの頃はそんな周囲にすっかり怖気づいて私はなんて平凡なんだ…と落ち込んだりもしましたが、勇気を持って飛び込んでみると皆親切に手取り足取り教えてくれて、いろいろな世界を垣間見れたなあと思います。

こんなすごい人たちに囲まれて4年間を過ごせてよかった!

と今は思っています。

 

③放置主義

基本的に、大学は何もしてくれないといって良いでしょう。

様々な制度や設備は整っています。

でもその情報を見つけ、利用するのは本人です。

高い情報収集能力が求められます。

ぼーっとしていると何もせず4年間が過ぎてしまう、でもそうして学生の力を信頼してくれているところが私は好きです。

やりたいことがあって、それを実現する能力があって、実際にやってしまう人たちが集まっているし、そうでない人もそうならざるを得ません。

 

 

以上、個人的に思う東大の魅力でした。

もちろん、言うまでもなく、一番の魅力は学問をするのに最高の場であること。

勉強したいことがある人だけでなく、まだよくわからない人も進振りによって1年半の猶予が与えられていて、自分の考えたい学問を存分に悩めるという素敵な場所です。ただ3番目に申し上げたように、自ら動かないと何もしてくれないところでもあります。

自分で自分の未来を切り拓きたい!

自分の頭で考えて行動したい!

という人、ぜひぜひ東大に来ませんか?

 

 

 

 

 

久我山・西荻窪の塾・学習塾・個別指導 TESTEA久我山校

☎03-3335-2774
東京都杉並区久我山3-24-18 ティアイビル2階
(受付時間:13時30分~22時 日曜日を除く)
テスティーの2017年合格実績はこちら!