久我山校ブログ

英単語の重要性

皆さん、こんにちは。講師の仲田です。

私は普段、中学受験から大学受験の理系科目を担当しております。

そんな私ですが、今回は、英単語の重要性についてお話したいと思います。

 

 英単語は、文法や長文読解に追われてついつい後回しにされがちですが、実はかなり重要なもので一朝一夕ではどうにもなりません。

 

このように考えるに至った私の経験談をお話したいと思います。

私は、中高一貫の学校に通い英語で苦労をさせたくないと言った親の方針のもと、英語の塾にだけは中1の頃から通わせてもらっていました。

そのため、高校1年の頃には同年代に比べて英文法の知識や長文読解の能力・速さは申し分なかったと思います。

高校1年の最初の頃に受けた駿台の全国模試では点数もよく取れており、このまま行けば大丈夫と安心してしまっておりました。

その後高校で習う文法や構文にも難なく対応することができ、英作文やリスニングといったものにも上手く対応できていたのに、中々テストの点数は上がりませんでした。

それは何故なのか、今ならわかります、圧倒的な単語量不足でした。

勿論、高校でやらねばならない単語帳はやっていましたが、それに安心して繰り返し覚えること、確認することを怠っていた結果、自分の頭にはしっかりと定着しておらず、テストの時に

「この単語どんな意味だっけ?」

「この日本語どうやって訳せばいいんだ?」

など、文法はわかるのに文が作れないというもどかしい感情に追われて悶々としたまま高校3年に突入してしまいました。

最終的には無事大学に合格することはできましたが、この時に英単語をしっかりと覚えてこなかったツケは今必死に払っており、大学生になった今も、出てきた単語や、高校時代に覚えてこなかった単語をひたすら覚えたり、色んな英語の文章・論文に触れることを欠かしていません。

 

 長くなってしまいましたが、語彙力不足というのは、自分では中々気づくことができない上、どうすれば一番効率よく勉強すればいいかわからないという人も多いと思います。

 

 

そこで今やっていることや、TESTEAで教えていて得た英単語の勉強法をお話します。

 

まず第一に、一度にすべて覚えようとしないことです。

慣れてないうちは1週間に100語覚えるだけでも大変なことですから、慣れてくるまでは少なめで様子を見つつ、慣れてきたら少しずつ覚える量を増やしていくようにしましょう。

毎日やるところを決めてコツコツと続けた方がいい結果が出るでしょう。

 

第二に、確認をするということです。

自分で確認するとついつい横にある解答など少しでも楽な方向に流されやすいものですので、第三者に見ててもらいながら確認する作業をすることが一番の近道だと思います。

 

第三に、勉強全てにいえますが諦めないこと。英単語の勉強はそれぞれの受験で終わるわけではありません。

大学になった今でも新たな単語、表現に出会います。

それらを覚えて使えるようになり、英語を用いて色んな人とコミュニケーションを取れるようになることこそが英語を勉強していく上での一番の醍醐味だと思います。

地道にコツコツと毎日勉強を続けいていくことこそ大事にしていって下さい!

 

 

久我山・西荻窪の塾・学習塾・個別指導 TESTEA久我山校

☎03-3335-2774
東京都杉並区久我山3-24-18 ティアイビル2階
(受付時間:13時30分~22時 日曜日を除く)
テスティーの2017年合格実績はこちら!

 

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料面談・体験授業 実施中!

勉強法が安定し授業を心待ちに!合格への扉はここから!
現状や勉強についての悩み、今の塾・予備校に対する不安、個別説明を希望される日時などお気軽にご相談ください。

無料面談・体験授業・お問い合わせ

PAGETOP