自由が丘校ブログ

【TESTEA自由が丘校】アウトプットが足りないあなたへ

TESTEA自由が丘校(兼 みなとみらい校)教室長の中島です。
今から11年前、2010年6月13日に地球に戻ってきました。
そう「はやぶさ」ですね。小惑星イトカワの探査を終えて戻ってきたわけです。

 

さて、本日のタイトルは「定期試験の勉強こそ」という感じでしょうか。

 

この時期は定期試験に向けて、自習に熱心な生徒さんが多いです。
かばんには多くの教科書やワーク、配布されたプリントなどがたくさん詰め込まれています。
みなさん、一所懸命テストに向けて勉強しているわけですが、そのやり方は実に人それぞれです。

 

ひたすら赤い下敷きで隠して、答えを暗唱している生徒さん
ひたすら教科書を読みまくっている生徒さん
ひたすらタブレット端末で何やら勉強をしている風の生徒さん

 

いやぁ、実に個性あふれる面々なのですが、「ひたすら問題を解きまくっている生徒さん」は意外と少ないと感じます。
おそらく「知識の詰め込みや整理」に必死なのでしょう。それも確かに必要なのですが、最終的に問われる力とは「実際の問題形式で正答をきちんと書けるかどうか」だと思います。
一問一答形式の問題や、暗記カードを主たる勉強としている人は、意外と点数が振るわなかったりするのは、まさに実際の問題形式での練習量が足りないからです。
テストもすべて一問一答形式であれば、そのような学習法でもいいのですが・・・。

 

アウトプット量を増やす。ぜひ、意識して自分の学習法に加えてみてくださいね!

お気軽にお問い合わせください!

ボタンをタップすると発信できます

【 営業時間:月~土 14:00~22:00 】