自由が丘校ブログ

【TESTEA自由が丘校】ちょっと離れたところから

TESTEA自由が丘校(兼 みなとみらい校)教室長の中島です。
今から36年前、1985年6月8日に「大鳴門橋」が開通しました。

 

さて、本日のタイトルは親子間の不即不離とでも申しましょうか。

 

中学受験生を抱えますと、保護者様は何かとお子様に干渉することが増えてきます。
なかなか思惑通りにならない我が子に対して、痺れを切らして、ついつい小言を浴びせてしまうなんてことはよくあることです。

 

私はお問い合わせや学習相談で、この手の話しは数え切れない程うかがってきました。
その際、私は決まって「お互いに得るものはなく、後に残るのは不快感や後悔の念だけですから、そのような小言は控えた方がいいですね」と話します。

 

ある程度年齢が上がってきますと、もはや親の言うことを素直に聞けなくなるのは、どのお子さんも通る道だと思います。
その道の途中で、まるで関所のように大きく立ちはだかることは避けたいものです。
むしろ、人工衛星になった気分で、お子様の位置をGPSで捉えることだけに全力を挙げて、あまりにもその道から外れるようなことがあれば、我々のような客観的に見られる第三者にSOSを発信するのが望ましいと思います。

 

このとき大事なのは、GPSのスイッチは決して切らないようにしてください。子供というのは実に勝手な生き物であり、干渉を嫌うと同時に孤独も寂しいと感じるものなのです。
というわけで、どうぞ付かず離れずということでお願いしたいと存じます。

 

最後にせっかくですから、本州四国連絡橋について、以下の問題をお子さんに解かせてみましょうか!
(解答は明日のブログで!)

◆(1    )海道

 (2    )県(3    )市と(4    )県(5    )市を結んでいます。

 

◆(6    )大橋

 (7    )県(8    )市児島と(9    )県(10    )市を結んでいます。

 

◆(11    )大橋と大鳴門橋

 (12    )県(13    )市と(14    )県(15    )市を結んでいます。

◇別名パールブリッジ

 

お気軽にお問い合わせください!

ボタンをタップすると発信できます

【 営業時間:月~土 14:00~22:00 】