久我山校ブログ

定期試験への考え方

こんにちは。講師の村上です。

今回は、学校の定期試験への考え方についての話をしてみたいと思います。

 

高校入試や大学入試を強く意識し始めると、それぞれの学校の定期試験というものをないがしろにしてしまう人も時々見かけます。

しかし、これはあまりいい考え方とは言えないでしょう。

その理由のひとつはもちろん、試験というものが学校の成績評価にほぼ直接的に反映されるものだからです。

これは同時に、学校の先生方からすると、生徒の皆さんの学力、つまり、普段の授業で見にくいアウトプット力(覚えたり練習したことを使うちから)を見積もる貴重な機会でもあるということです。

先生が皆さんの力を正確に把握することは、結果的に皆さん自身のためにもなりますから、試験に本気で取り組んだほうが良いということがわかると思います。

 

そして次に、定期試験に向けた勉強を本気ですることが、入試対策の第一歩だからです。

学校の試験は、基本的に範囲が非常に限定されています。

もちろんたくさんの科目の勉強を一度にしなくてはなりませんから大変ですが、それでも、普段より狭い分野にのめり込んで勉強出来る絶好のチャンスです。

全体をまんべんなくやっているときよりも、自分の弱点に気づきやすい

これは非常に大きいメリットです。

このタイミングで曖昧な理解や勘違いをなくすことができれば、その後の学習効率は何倍にも跳ね上がることでしょう。

 

せっかくのチャンスをムダにしないように、試験勉強に励みましょう!

 

 

 

 

久我山・西荻窪の塾・学習塾・個別指導 TESTEA久我山校

☎03-3335-2774
東京都杉並区久我山3-24-18 ティアイビル2階
(受付時間:13時30分~22時 日曜日を除く)
テスティーの2017年合格実績はこちら!