久我山校ブログ

勉強しなければならないのは何故?

寒い時期になってくるとあちこちが痛くなります。気付いていないだけで自分はもう若くないのかもしれない…と感じてしまう今日この頃。どうも。天方です。

 

本日は誰もが持ったことある疑問について考えてみました。

「どうせ使わないのに、なんでこんな勉強しなきゃいけないの?」

この問いは、できる人できない人に関わらず、誰しも疑問に感じたことがあるでしょう。どちらかと言うと、勉強が苦手なお子さんが言いがちなフレーズだと思います。

 

斯くいう私も、小中学生の時期は最低でも週に3回ぐらいは母親、先生に向かって嘆いていました。ごめんなさい。以前駒込の横山先生ともこの話をさせて頂いたことがあったので、自分なりに少し考えてみました。

 

はっきり言います。ほとんど使いません。受験を終えて10年を経た現在、理科に関して言えば90%覚えていませんし、分からない部分は無いと言える程自信があった日本史も、今や常識レベルだと思います。国英は何とか大丈夫そうですが。嘆かわしい…。

では、なぜ勉強しなければならないのでしょうか?

私は、勉強する内容について、意味はそこまで付与されていないと思います。

勉強すること自体に意味があると思っています。

最初は勉強なんて誰しも嫌でしょう。

しかし、その嫌なことを続けられるかが大事なのです。

問題という困難に出会い、突破できるかという試練。

乗り越えれば確実に精神的に大人になります。

そういう意味で受験は通過儀礼だと言えるでしょう。

勉強から逃げようと思えば逃げられます。

でも、果たしてその先の未来は楽しいのでしょうか。

甚だ疑問です。

あるものを知ることは、その世界を知ることです。

知ればその瞬間からあなたの脳内世界は一変します。

こうやって続けていくと、知ること自体が楽しいと思えるようになってきます。

知らない事に出会うと、それだけでわくわくします。

なにより続けることが大事です。諦めるのはまだまだ早い。

「運命は勇者に微笑む」(羽生善治)

あらゆる逆転手を指してきた羽生さんだから言える言葉ですね。痺れます。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

無料面談・体験授業 実施中!

勉強法が安定し授業を心待ちに!合格への扉はここから!
現状や勉強についての悩み、今の塾・予備校に対する不安、個別説明を希望される日時などお気軽にご相談ください。

無料面談・体験授業・お問い合わせ

PAGETOP