自由が丘校ブログ

成功した失敗!

 TESTEA 自由が丘校、室長の中島です。またまた、ご無沙汰してしまいました。月日の経つのは実に早いものです。今年は桜も早く咲いたため、当然のことながら散るのも早く、「入学式」・「始業式」も終わり、いよいよ4月新学年の授業がスタートした感じでしょうか?

 今日は4月11日なのですが、今から48年前の今日「1970年4月11日」に起きた出来事とは何でしょうか?

 この写真は「アポロ13号」です。この日に打ち上げられたのですが、2日後に「酸素タンクが爆発する」という大惨事に見舞われ、搭乗していた宇宙飛行士3名が数々の困難に遭遇しながらも、NASAの職員たちの賢明な判断と指示によって、3名は無事に地球に生還するという感動的な出来事がありました。(ちなみに、人類最初の月面着陸を成功させたのは「アポロ11号」です。こちらは、1969年7月20日のことでした)

 今、みなさんは4月ということで、まさに期待に胸を膨らませていることと思います。しかし、毎年多くの学生さんが悩む症状として「5月病」というものがあります。4月のやる気はどこへやら、ゴールデンウィーク明けに、とたんにモチベーションが低下してしまうのです。そんな状況が続いたまま、5月中旬から下旬にかけて「中間テスト」に突入してしまい、かなり厳しい結果を突きつけられて、さらに深刻な症状に陥るなんてことがあるかもしれません。

 そんなことにならないようにするためには、もちろん将来に目を向けた「確固たる目標」があればいいのですが、言うは易く行うは難しということで、なかなか見つからないひともいることでしょう。そのような方に、ぜひアポロ13号の奇跡の生還にまつわる話しを知っていただきたいですね。この実話が与えてくれる学生さん向けの教訓は「可能性が0になるまで決してあきらめてはいけないこと。あきらめなければ必ず解決策はあること」です。そして、「チーム一丸となって、知恵を出し合って事に当たると同時に、決断をしなければならないときには、決断すべき人間を見極め、その人間を信用してすべてを任せること」ということも教えてくれます。

 これまた古い話しで恐縮ですが、1995年に「アポロ13」という映画が公開されました。(主演はトム・ハンクスですね)それを観るのもちろんいいのですが、YouTubeになかなかいい動画がアップされておりますので、そちらをご覧いただくと、よりリアルに感動が迫ってくるのではないかと思います。やる気のない放心状態に陥ったらぜひご覧ください。(もちろん、やる気のある方が観てもいいですね。さらにやる気満々になりますね)

◆実録 アポロ13号 奇跡の生還◆
 <前半>https://www.youtube.com/watch?v=LMRmyDSQet8

 <後半>https://www.youtube.com/watch?v=GdmW2gIFlVg



自由が丘・田園調布・奥沢の塾・学習塾・個別指導 TESTEA自由が丘校
☎03-5726-8794

東京都目黒区自由が丘1-9-6 朝丘ビル2階
(受付時間:13時30分~22時 日曜日・月曜日を除く)
テスティーの2018年合格実績(合格速報)はこちら!