TOP> 用語集 一覧> A-Z ABCD > AO入試

AO入試

読み方
エーオーにゅうし

AO入試(エーオーにゅうし)とは

AO入試(Admissions Office入試)とは、従来の学力試験中心の選抜方式とは異なり、受験生の多様な能力や個性を評価する入試方式です。

 

AO入試は、現在日本の大学や専門学校で広く採用されており、特に意欲や適性を重視する選抜方法として一般的に活用されています。この入試方式では、学力試験だけでなく、志望理由書、面接、小論文、プレゼンテーションなど、多様な評価手段が用いられます。

AO入試の主な特徴

AO入試の主な特徴をご紹介します:

  • 多様な評価方法:学力試験に加えて、志望理由書や面接、小論文、プレゼンテーションなどを通じて、受験生の意欲や適性、個性を総合的に評価します。
  • 個別の評価:各大学のアドミッションポリシーに基づいて、志願者の多様な能力や経験を個別に評価します。
  • 事前エントリー:多くの大学では、事前にエントリーシートを提出し、エントリー資格を得ることが必要です。オープンキャンパスへの参加が求められるケースもあります。

AO入試のメリット

AO入試には以下のようなメリットがあります:

  • 多様な才能の発掘:学力だけでなく、多様な才能や個性を持つ学生を発掘することができます。
  • 受験生の負担軽減:学力試験のプレッシャーから解放され、得意分野や興味関心を活かした選抜が可能となります。
  • 早期の合格内定:一般入試に比べて早い時期に合否が判明するため、受験生は安心して残りの高校生活を過ごすことができます。

AO入試のプロセス

  1. エントリー:まず、志望大学のAO入試にエントリーします。一般的にエントリーシートには志望理由や自己PRなどを記載します。
  2. 書類審査:提出されたエントリーシートや活動報告書を基に、書類審査が行われます。ここで、志望理由や入学後の姿勢などが評価されます。
  3. 面接・小論文:書類審査を通過した場合、面接や小論文などの選考が行われます。ここでは、受験生の意欲や適性、将来の展望について詳しく評価されます。
  4. 最終選考:すべての選考を通過した受験生は、最終的に合否判定されます。

具体例と最新情報

2024年度のAO入試に関する最新情報として、慶應義塾大学の総合政策学部や環境情報学部では、書類審査と面接による選考が行われます。特に、コンテストでの受賞歴がある場合、一次選考が免除されることもあります​。また、合格発表は11月上旬に行われ、入学時期は翌年の4月または9月から選択できます。

 

 

総合型選抜としても知られるAO入試は、受験生の個性や多様な能力を重視する入試方式として、今後も多くの大学で採用が進むでしょう。受験生は、事前の準備をしっかり行い、自分の強みを最大限に活かした選考対策を進めることが重要です。

お気軽にお問い合わせください!

ボタンをタップすると発信できます

【 営業時間:月~土 14:00~22:00 】