合格体験記 2015年

大学受験の部

苦手な国語、物理を基礎から指導。E判定からの千葉大逆転合格!

■ 岡卓哉くん
僕がテスティーに入塾したのは中2の時です。当時全く勉強に興味のなかった僕に楽しさを教えてくれました。また、高2の時には、長沼先生に英語を教えてもらいました。僕は長沼先生に毎回のように怒られました。しかしそれは、高2の時僕が全く勉強をせず友達と遊びまわっていたからです。何度怒っても更生しない僕に、先生は根気よく怒ってくれました。長沼先生には申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。おかげで英語は苦労せずにすみました。

そして高3になりました。千葉大の化学科を目指すことにしました。数学・化学・英語はそこそこ得意だったのですが、センター試験のみで用いる国語そして物理が苦手でした。国語を中先生に、物理を姉川先生に教えてもらいました。基礎がなっていなかった僕に、2人の先生は基本的なことから教えてくれました。結果的に本番ではお2人を喜ばせるほどの点数はとれませんでしたが、前日まで僕を励ましてくれました。本当に感謝しています。また、センター後は姉川先生に化学・数学を教えてもらいました。わからない所を持っていくとすぐに教えてくれました。また、少しナーバスになっていた僕は、話しているだけで楽しかったです。合格に必要な時間だったと思います。また、途中志望校を変更しようか悩んだ時や、センターで合格判定がE判定だった時、親身になって話を聞いてくれた平澤先生にも感謝しています。はじめテスティーに来た時はとても緊張しましたが、今となってはテスティーなしでは合格できなかったと確信しています。

 

■ 岡卓哉くんへ講師からのことば

■ 姉川大輔先生
まずは、合格おめでとう!

センターの物理と二次試験の数学を担当しましたが、物理については教え初めは基本の「き」の字も身についていない状態でした笑。聞いてみると、学校の授業はほとんど聞いていなかったとのこと。正直教えているこちらが不安にさせられましたが、数回授業をしていると印象は変わりました。というのも、授業中は「理解」に対して貪欲で、質問を繰り返し、スポンジのようになんでも吸収するし、宿題の取り組みもこちらの10の要求に対して10どころか12もこなすし、勉強に対する姿勢がそれまでと違うことがありありと伝わってきたからです。短期間でたくさんの事柄を詰め込む授業計画でしたが、隠し持っていた(?)驚異の集中力を存分に発揮し、個別指導ならではの質問の機会の多さもうまく活用し、めきめき実力をつけていきました。初め2ヶ月ほどは模試に結果が現れず焦ったかもしれませんが、見ているこちらは必ず出るであろう芽を待ちながら安心して教えられました。それほどの打ち込みようでした。

大学では選択次第で本当にいろいろなことができます。持ち前の集中力を注ぎ込みたいと思える素敵な何かを見つけてほしいなと思います。活躍を祈っています。

岡卓哉

お気軽にお問い合わせください!

ボタンをタップすると発信できます

【 営業時間:月~土 14:00~22:00 】