下高井戸校ブログ

結局どっちなの…その2

2987c5f1b575aeeff669fe31086c995a_s

こんにちは、TESTEA下高井戸校の宮田です。

先日のブログで、2020年の大学入試改革において、英語試験が「検定とこれまでのマーク形式との並立(選択)」で暫く施行していくことをお伝えしました。

【詳しくはこちらのブログで】結局どっちなの… 【TESTEA下高井戸公式ブログ】

 

今度は、公立高校入試になりますが福井県の公立入試において「英検加算措置」に議会から「待った」がかけられました。

■概要

・来春の福井県高校入試より、英語の試験(100点満点)とは別に点数を加える制度。

・3級に5点、準2級に10点、2級以上に15点を加えることが県の教育委員会として、昨年10月の時点できまっていた。

■議会で出た問題点

・英語課程外の英検加点に中学校教員が戸惑っている(英検準2級以上は高校範囲となる)

・教員の多忙化につながる(学校現場の懸念)

・英検だけが加算されるのは不公平(TOEICをはじめとする他の英語検定、更には数学検定・漢字検定は何も加算されないの?)

・他の教科の勉強時間が削られる(見方を変えれば、英語以外の4科目は100点満点、英語のみ最大115点満点ということともとれる)

勿論、他にも問題点等は挙げられています

(特に3つ目については「英検以外の検定取得は全く意味がないのか?」という議論にも発展します)

 

しかしながら、先にも述べたようにこの制度は昨年10月の時点でリリースされています。

一部では「今更、白紙撤回なんて何を言っているんだ・・・」という声もあります。

それはそれで当然です。今の中3生に残された時間は約半年しかありません。この時期の入試システム変更は各所で混乱を招くだけです。

英検加点の是非は別としても、「なぜ、今頃になって」…というのが大きく残る疑問点です。

これもまさに、「結局どっちなの」です。早期の決着を望みます。

 

下高井戸・桜上水の塾・学習塾・個別指導 TESTEA下高井戸校
☎ 03-6265-7207

東京都杉並区下高井戸1-2-15 下高井戸ビル3階
(受付時間:13時30分~22時00分 日曜日を除く)
テスティーの2017年合格実績はこちら!

2017年夏期講習 受付中!

~期間限定!入会金無料キャンペーン実施中~

お気軽にお問い合わせください!

ボタンをタップすると発信できます

【 営業時間:月~土 14:00~22:00 】