日吉校ブログ

日吉校講師より~Part1~

かなり肌寒くなってきたと感じますが、今週の日曜日は秋分の日でした。

 
暦の上では大暑が7月23日、立秋は8月6日としばらく前から秋が来ていましたが 

私正直なところ、いい加減夏の暑さには飽きが来ていました。 

皆さんこんにちは。個別指導塾テスティー日吉校の講師の宮崎です。 

今回は体調管理について少しだけ書いてみたいと思います。 

先日内山真さんの、睡眠障害の対応と治療のガイドラインという本を読みました。

 
睡眠一つとっても奥が深く、睡眠マスターに向けてはまだまだ勉強中ですが。

 
ここから得た学びを一つ、共有できればと思います。 

主観的には睡眠の最適時間は人それぞれですが、日中の眠気で困らなければ十分だそうです。 

客観的(科学的)には睡眠は記憶の定着や、免疫の維持、集中力を保つにも欠かせません。 

人は一生のおよそ1/3を眠りにささげるほど寝ます。睡眠には大きく分けて二つ重要なことがあります。

人には、 

・眠りの質を決める恒常性維持機構 

・体内時計機構 

があるようです。

このうち、睡眠、覚醒、体温、血圧脈拍、内分泌ホルモン系、免疫、代謝などはすべて

体内時計をもとにして約一日のリズムを刻み、

昼夜や季節の変化に効率よく適用するように調節されているようです。 

もしも眠い眠いとお困りでしたら、体内時計のリズムがおかしい可能性があります。 

隔離された環境では、体内時計の刻むリズムは25時間だそうです。

うち、1日は24時間なので差が1時間あり、これをうまく合わせる必要があります。

この差はさまざまな刺激でリセットされるそうです。

体内時計のリズムが日の始めにうまくリセットされると、それから約15~16時間後には自然と眠気が出現します。

つまり自然と良い時間に睡眠を誘発できます。 

最も強いリセット因子は光です。 

起床してからすぐに太陽の光を浴びると、体内時計がリセットされます。

(曇りの日でも、室内の5から10倍の明るさがあります。) 

また次に大きなリセット因子は朝食です。 

規則正しい朝食の摂取を続けると、この一時間前から消化器系の活動が活発になり、朝の目覚めを促進できます。 

一日が始まる朝ご飯をしっかり食べて栄養を摂取することは、脳へのエネルギー補給になり、

体温を高めて活動レベルを高めてくれます。 

つまりまとめると、 

朝日を浴びて、朝ごはんとしっかりと食べることが、体内時計の管理に大切なようです。 

例えば朝の通学の徒歩は、朝日を浴びる絶好の機会ですね。 

私もこれを機に朝ごはん、しっかりと食べるようにしたいと思います。 

一冊の本になっているほどなので、もっともっと奥は深いですが 

今日はここまでです。 

とても当たり前のことを紹介したかもしれませんが、これは科学的にも大事なようですね。 

 

宮崎

 

 

 

日吉・綱島・元住吉の塾・学習塾・個別指導 TESTEA日吉校

☎045-548-5864
神奈川県横浜市港北区日吉本町1-22-10 日吉駅前ビル2階
(受付時間:13時30分~22時 日曜日を除く)
テスティーの2018年合格実績はこちら!

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料面談・体験授業 実施中!

勉強法が安定し授業を心待ちに!合格への扉はここから!
現状や勉強についての悩み、今の塾・予備校に対する不安、個別説明を希望される日時などお気軽にご相談ください。

無料面談・体験授業・お問い合わせ

PAGETOP